■朝から笑って仕事に行く #39

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

私は通勤時間が長いので、データ使用料を無制限の設定にしています。

ほぼ95%の人が、私の通勤時間を聞くと、とても気の毒そうな顔をして「oh, my goodness..!」とか言います。

でも、私はこの通勤時間が、私の至福の時間だと思っているんですけど…(苦笑)やはり普通は長い通勤時間は大変だね~、と思うでしょう。

残りの5%の人の反応は、「まあ、近くに住んでても、その分ただ遅くまで寝てるだけだけどね」と言ってくれます(笑)。

一日2時間(通勤はそれ以上)寝る時間を削って通勤、と考えると、私はただでさえ睡眠時間が短いので、寿命が縮まる感じもしないではないですが…。

睡眠時間が短い人は寿命も短くなるそうです。

私の通勤時間が何故にそんなに至福の時間かと言うと…

まず第一に、田舎の景色に心洗われる。

一本道で、運転が楽(と言うと大半の人は、一本道でも真剣に運転しろ、と言います。してます、してます、ちゃんと真剣に運転してますよ。)。

渋滞がない。

朝日が出て来て、ああ、セロトニンが生産されてるな~、と思う。

そして、動画を聞いて笑える。朝から笑って脳も活性化されます。

NHKのニュースは週一回くらい。(毎日聞くと同じ内容だから…)

そして「ワイドナショー」を週一で。

最近、通勤中によく「聞いている」動画に「宇宙となかよし/Qさん」というのがあります。

この方… 私は別に宇宙に興味があるわけでもなく、滝行系の人間でもないのですが、この人の話し方とか、一見、馬鹿々々しいと思えることを一生懸命唱えたり喋ったりしているのを聞くと、なんだか朝から笑えるのです。

でも、この人は、れっきとした真っ当な方です。

この人、ホント馬鹿々々しいなあ~と思うのですが、内容的には大真面目です。

あとでわかったのですが、この方、R-1グランプリとかにもアマチュアで出ていたようです。ああ、そうなんだ~、どうりでね~、という感じの滑舌です。

皮肉かな、引きこもり傾向にある娘はあまり笑いませんが、風の噂で聞いた話によると(同居してる家族の事を風の噂では聞かないものですけどね…)、私が家にいない時は、めっちゃ笑っているらしいです。内弁慶の更なる内弁慶とでも言いましょうか…。母娘間の壁とでも言いましょうか…。

まあ、それならそれでいいです。笑ってくれているのなら、良かった。

笑うことで、脳内物質のエンドルフィンの分泌効果や免疫力もアップするらしいです。

人間は笑ってなんぼです。死ぬ間際まで笑っていたいです。

患者さんが末期でも、冗談言ったりして笑っていたら最後まで楽しいと思います。

余談ですが、以前、末期でもうあまり反応もしない患者さんがいて、何かのトリートメント(多分、ちょっと時間がかかるIVプッシュだったと思います)をしていて、シーンとしてるのもなあ…と思って「貴方は地元の人ですか?」と聞いたら、力は入らないけど、でも急に笑い出したのです。

え、何?私何か変な事聞いたかな、と思ったら、「『L』がちゃんと発音されてなかったから、『貴方は頭がおかしいの?』って聞かれたかと思った」らしいです。

英語のローカルのLの発音が無いと、「ローコー」みたいに聞こえて、スペイン語で頭がおかしい、って意味になっちゃうからです…。

私の英語はね~(苦笑)そんなの日常茶飯事ですけど、でも、まあ、いいよ~、笑ってなんぼだし~。

スポンサーリンク