■世界の食事 #36

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

娘が図書館から借りてきた一冊の本を、返却期限の度に何度も(この図書館は3回が限度)更新するので「いい加減、そろそろ返却しないと。他の人が見れないでしょ。」と言ったところ、面白いから返却したらまたすぐに借りたい、と言うので、それは一体何のどんな本なのか、と見てみたらこの本でした。

"What I Eat"

“What I Eat”

見たら面白かったので、購入することにしました。

これは、世界中のいろんな国のいろんな人の一日の食事とカロリーが載っていて、それぞれのストーリーも書かれているのがちょっと独特です。

全カラーで80人分。

日本からも2人出ています。

1人は、名古屋の竹内雅人さんという方で、大関の雅山関です。

もう1人は、東京のバイクメッセンジャー(自転車)のヤジマジュンさんという方です。(漢字はわかりません。検索したら出てくるのかもしれません。)

面白いのが、このヤジマさんは、身体は大関の半分くらいのサイズなのですが(体重は半分以下)、一日の消費カロリーが大関の雅山関よりも断然高いのです。バイクメッセンジャーというのは体力勝負の仕事なんでしょうね!

この本の章の構成は、消費カロリーのレベル別になっています。

800-1900カロリーの人々 ーーー 中国の激ゲーマー(ゲーム狂?食べることを忘れるの⁈)とか、カナダのGreen Teen?って何だろう?、エコフレンドリーな高校生?等、他12人。

2000-2400カロリーの人々 ーーー ナミビアのダイアモンドをポリッシュする人、NYのホームレス、とか(結構ちゃんと食べてるんだね!)、とか、チャドの難民、他10人

2500-2900カロリーの人々 ーーー アメリカの宇宙飛行士、イエメンの主婦、他8人

3000-3400カロリーの人々 --- イスラエルのラバイ(ユダヤ教の神父さんみたいな人)、エジプトのラクダブローカー、他8人

3500-3900カロリーの人々 --- 日本から雅山関、ロシアの絵画修復師、他10人

4000-4900カロリーの人々 --- 東京のバイクメッセンジャー、ヤジマさん、アメリカのアーミーの兵、エジプトのビジネスマン、他10人

5000-12300カロリーの人々 --- ブラジルの漁師、アメリカの高層ビルの鉄骨作業員(高層ビルの上で食事?まさかね!)、他6人。12300カロリーって凄いですよね。

各章の後ろに、筆者の食に関するエッセイが載っていて、それもなかなか面白いです。

是非機会があったら手に取ってみて下さい。

WHAT I EAT: Around the World in 80 Diets

Photographed by Peter Menzel & Written by Faith D’Aluisio

Amazon.com のリンクも貼っておきますね。又は、上の本のタイトルをコピペで検索してみて下さい。Used book が$5くらいからあるようです。(今日の時点で)

日本のアマゾンでもあるみたいです。中古は2000円ちょっとみたいです。チェックしてみて下さい。(今日の時点で)

(↑画像をクリックするとアマゾンのサイトに行きます)

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク