■健康になるための断食の勧め★ファスティングについて #16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ファスティングというものをしてみたのは、もう既に何か月か前で、今何故またやろうとしているかと言うと、自分の体の中である変化を、今頃になって発見したからです。

お恥ずかしながら、ファスティングから何か月も経っているのに、今まで気づかなかったのです。

変化というのは、自分の足の親指の爪です。爪が伸びて、下から健康的な色の爪が出て来ていて、古い爪と新しい爪が二分割のようになっているのを発見したのです。

ここに恥をしのんで我が右足親指の爪を載せてみました。

爪の伸びる速さから逆算して… 大体7〜8か月前くらいに出たものと思われるのです。

その頃に何か生活の中で変わったことや変えたことと言えば… もう、その時やった2日間ファスティング以外、何も思いつかないのです。あれしかないんじゃないかな…と。

そして、このファスティングで変わった大きなことは、コーヒーを以前ほど飲まなくなったことです。コーヒーは今でも飲みますが、当時は本当に水代わりに飲んでいたくらい水分はほぼコーヒーでした。

ファスティング中はコーヒーを飲めないので、それが不安でしたが、いざ初めてみると、意識が他へ行ってるので(酵素ドリンク)コーヒーを思い出しもせず、それがきっかけで、「コーヒー無しでも自分は大丈夫なんだ」と思えたことは大きかったです。

では、爪の変化は、ファスティングそのものよりも、「ちゃんとした」水分を摂るようになったからかもしれません。

本当は、3日間ファスティングを目指していたのですが、2日で挫折してしまい、結果的に、それは2日間ファスティングとなりました。

2日間のファスティング(3日間のですが)は、指導して下さる方の元で行いました。全く何も喉を通さなかったたわけではなく、その間、酵素ドリンクをインストラクションに従って飲みました。

この酵素ドリンクは、リンゴ酢ドリンクというような味で、夏場の暑い時の方が、飲みやすいかも、と思いました。あと、最近よく見かける「kombucha」という飲み物が好きな人も、割と抵抗なく飲めるかと思います。

最近になってさかんに言われていることですが、断食中は、人間の「オートファジー」の力がアップして体の老廃物を掃除してくれると同時に、それが更にはリサイクルされ、栄養となって体に返ってくるというなんとも凄いことが起こるようなのです。

折りしも、昨日は、ベジタリアンレストランに行ったばかり。肉や魚は人間の骨となり肉となり…と誰しもが思うと思いきや… ここでまた新たな科学の発見があったようで驚きます。肉や魚を摂らなくても、人間に必要なたんぱく質は、きちんと野菜や穀物類を通して体に蓄えられるという話…。

そして今、またやってみようとしているわけなのですが、やり方はいろいろあって、週一ファスティング、1日おき、1日一食抜き、1日一食、などなど、どれがいいのか迷うと思います。

私のお勧めは、きちんと、体のしくみや健康のことを理解している医師や医療従事者の元で行うことです。頭痛や眩暈が起こったりするし、その方の健康状態も事前にお知らせしてチェックしてもらえる環境で行うべきだと思います。

私の場合は、3日間でしたが、2日でもいいし、1日でも大丈夫と言われて、それに合わせて水分量の指導をいただきました。健康状態も事前にチェックしてくださいました。

私が次にやるとしたら、1日コースで行く予定です。2日間やった時のことを思い出してみると、1日目は快調だったけど、2日目になってからちょっと頭痛もして辛かったので、自分には無理なくできる1日ファスティングが当面は向いているんじゃないか、と判断したのです。

ファスティングに興味のある方は、「断食」、「ファスティング」、「オートファジー」などで是非検索してみて下さい。

スポンサーリンク