■虹にまつわる迷信★指さしちゃいけないっていう話 #17

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ここのところ、雨が多く、でも、灰色の雨雲の上には、サンサンと輝く太陽があったりして、そんな時は、虹が見られるチャンスです。今日もそんな日でした。

チャンスと言うと、いい事、ラッキーな事、というイメージですよね?

虹を見ると、どんな時も、「おお~、ラッキー」とか「わ~、なんだかいい事ありそう」とか、単純な私は毎回思ってしまいます。二重の虹などが見れた日には、ラッキー感が倍増します。

今日は、通勤途中に違う場所で4本も虹を見ることが出来て、朝から嬉しくなりました。(ところで、虹は細長いから、数える時の単位は「本」か「筋」なのだそうです。「橋」も有りだそうです。ー数え方単位辞典様のサイトよりーhttps://www.sanabo.com/kazoekata/ct_na/ni/niji/)

そして、職場について、同僚と話していたら、窓の外に虹がまた見えて、思わず「あっ、虹!見て!」と指さしたら、メキシコ人の同僚が「虹を指でさしたら駄目だよ。貴方のその指した指先に何か悪い事起っちゃうよ」と言うのでびっくりしました。

「え~、じゃあ、どうするの?手のひらでポイント(さす)するの?こうやって?」と、バスガイドさんの案内のように(あちらに見えますのが…のように)手のひらで虹をさしたら「そうそう、それでいいの。って、ジョーダンだから。気にしないで~」と笑って行ってしまいました。

その迷信があるのはどうやら本当で、いろいろな説があるようですが、神様が創り出してくれた尊い物に対して安易に指さしするのは失礼、みたいな感じのようです。(他の説も有り)

写真の虹は、横を向いたら横にもあり、え?ということは?とぐるりと見渡したら、半円のとても大きな虹で、本当はとても写真に収めたかったのですが、今朝の私は遅刻ぎりぎりの身で、職場の駐車場で虹を携帯のカメラで撮ってる場合ではなかったのです(汗!)。残念。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク