■ベジタリアン・レストランが大盛況 #14

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ベジタリアンレストランに行ってきました。何でも食べられる私が何故ベジタリアンレストランかと言うと、友人の大学生の娘さんが、動物愛護の観点からベジタリアンになったからです。もっと言うとビーガンなのですが、検索しても無い!ビーガンレストランというのが。

以前は地元にもあったのですが、閉店してしまいました。

というわけで、題名にある、「大人気のわけ」は、(1)まず第一に競争相手がいない!少ない。無い。ベジタリアンレストラン自体が。

そして(2)美味しい。

更に(3)こじんまりしてて、カスタマーサービス的にも高評価。サーバーのお姉さんがお誕生日のお客さんに特製アイスのサービスと、ハッピーバースデーソングをアカペラで唱ってくれるサービス。また、ワイルドきのこの説明を各テーブルのお客様にしてくれて、オーナーも各テーブルを回ってリップサービス。

というわけで、週末の夜ということもあってか30人くらい入る店内は満席。でも、次から次へとお客さんが途切れない感じです。

さて、まず… 何を頼もうか… とメニューを見ても、あんまりよくわからない!

馴染みの無いメニュー内容で、「これって何?」が多すぎる。

しかしながら、お店のサーバーのお姉さんに質問したりして、4品オーダー。

まずは、オイスターマッシュルームのフライ。オイスターマッシュルームは、日本語では「ヒラタケ」だけど、子供の頃からずっと食べてるヒラタケは、微妙に違う。基本的に同じ部類かな、という感じ。

ファーマーズマーケットなどでよく売っています。最近は、キノコの人気が上昇してて、普通のグロッセリー・ストアでも置いているところもあります。

味ですが、これは美味しかったです! 今まで、キノコのフライっていう発想が何故かあまり無かったです。どうしてだろう。でも、無かった。せいぜい椎茸の天ぷらくらい。

そして、タマレのパイ。「タマレがパイに?…って?」頼んでみたものの、各自一体何が出てくるのか、想像出来ず。タマレとは、メキシコ料理で、お店で買えますが、実際は、日本の盆暮れの料理にあたる特別な時に作るメニューのようです。タマレ自体は、作るのに4時間かかるんですって。

そして、イエロー・ココナッツカレー。黄色系の野菜(かぼちゃとかニンジンとか)がいっぱい入ったココナッツカレーが玄米にかかってる感じ。マイルドなココナッツの甘さで、これも美味しかった。個人的に私はココナッツは苦手だけど、でも、これは美味しくて全然オッケーな味でした。

と、ビリヤーニ(Biryani)。これは、玄米といろんな野菜がミックスされたお料理で、美味しかった。頼んだ品の中で、これが一番、自分でも作ろうと思ったらなんとか作れるんじゃないか?という希望が持てる一品。

最後は、カリフラワーのSweet & Sour。スウィート&サワーって、一般的には酢豚の味なんですが、中華っぽく仕上がってないで、美味しかったです。オーナーが言うには、試作一作目は、「これ…中華だよね」って感じだったみたいですが、何をどう改善したのか、中華の雰囲気はなくて、言われなかったら、中華とか頭をよぎりさえしないと思う。(中華がダメって言ってるわけではないですよ!)

そして、最後に~、アイスクリーム+チョコレートブラウニー。これはですね、何がすごいってアイスにかかってるソースがキノコ入りで感動したのです。

私、個人的にキノコが好きなので、、、、。

もっとあればいいのに。ベジタリアンレストラン、又は、ビーガンレストラン。

ちなみに、シアトルで美味しさのあまり三夜連続で行ってしまったビーガンレストラン「プラム・ビストロ(Plum Bistro)」は、毎日超込みで、外の椅子で待ってたくらいです。

今日食べた料理は、どれも家で作るのが難しそうで、「こういうベジタリアンのお料理教室とか、あったら流行るんじゃない?」って言ったら、高校生と大学生の子供達が速攻「それはYouTubeでいいんじゃない?」って。確かに…。確かにね。

スポンサーリンク