■堀ちえみさんの舌がんに思うこと★芸能人の社会的貢献 #13

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

堀ちえみさんが手術後、「とりあえず話せるみたいで良かった」と言っていたというニュースを見て、いやもう本当に良かった~、と思いました。

堀ちえみさんの舌がんが発表された後、口内炎の患者さんの診察数が増えた、とも聞きました。みんな家で自己診断してないで、きちんと診てもらおう、というスタンスに変わったのでしょう。

アメリカの保険システムでは、ほとんどの場合、年に二回までの歯のチェックアップ(歯の検診とクリーニング)は保険が効くようになっています。日本でもそうかな?

なので、チェックアップに行くと、終わったら半年後の予約をそこで入れてくれます。

そして、歯のチェックアップ時に、歯医者さんが、必ず舌癌チェックも同時にしてくれます。

半年に一回のチェックアップは、本当に、全ての人にやってもらいたいことです。そして全ての歯医者さんにも、そういう感じで診てほしいです。

FOXニュースのニュースキャスターが大腸がんのために亡くなったのは、もう、10年くらい前になりますが、大腸がんというのは、がんの中でも治療しやすいがんなのに、見逃しやすいがんでもあって、忙しい人は、そのサイン(症状)を見逃してしまう…。

子宮頸がんのチェックも、一年に一回行くべきなのに、私はここ何年も行っていないことを時々思い出します(今も…)。こういうのがいけません。

私はご飯(お米)を食べすぎると、よく胸焼けがするのですが、翌日になると治っているので、そのままになっています。これだって、何かのサインかもしれないのに、見逃しがちな事です。こういうのもいけません。

芸能人の方達は、影響力があるので、その方達の病気に関するニュースは、私達自身の健康に向き合う機会を与えてくれるきっかけになるのと同時に、多くの人々の希望の光にもなります。これは芸能人の方達の、社会的貢献だと思います。

スポンサーリンク