■新年の抱負。結局はこれなんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

毎年、新年には「今年の抱負」なるものを考えますが、そのような目標的なものは不要、との説を唱える方もいます。

人それぞれですが、私は目標が達成できなくても、目標達成を目指したいタイプなので、今年の目標はあってもいいんじゃないかな、と思います。

しかし、去年は失敗しました。3つ位目標を立てましたが、5日目位に、職場で某医師に「君の新年の抱負は何?」と聞かれて、張り切って「今年は3つありますよ… まず」と言おうとしたところ、なんと、「あれ?3つ目何だっけ」と咄嗟に思い出せなかったのです!

「まだ一週間も経ってないのに忘れる?!」と呆れられてしまいました。

しかも、今となっては去年の「新年の抱負」など思い出しもしません。

だから、というわけではありませんが、今年は1つで行こうと思います。

それは…

「一貫性

ということで。

一貫性とは、最初から最後まで同じスタンスで貫く、という意味です。(ですよね?)

スペイン語とか、仕事のやり方、生活態度とか、育児とか、あれこれムードに左右されることなく、やっていきたいと思います。

今年初の家事は、皿洗い。今年初めに口にした食べ物は、最近気に入っているレーズンパン。結局は「日常」なんです。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク