■ユリの花から美容液?#54

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ユリの花を母の日に「自分で(!)」買いました。

というか、亡くなった母にね…。

しばらく良い香りを楽しみましたけど、そろそろ枯れて来たな~、と思って今日ふとよく見たら、めしべの先(柱頭)から液体が出てて、気持ち的に捨てるに捨てられない感じでした。

透明の液体で綺麗だったのでちょっと触ったら、ヌルっとして、指を水道で洗ったら、ちょっと油分が含まれている感じでした。

娘に、「見てみて、これ全部の頭からツユ(って言うんですか⁈)が出てるの」と興奮気味に言ったら、冷静に「知ってる」との返事。

「あ、そう。知ってた?これさ、顔につけたらどうなるだろう」と言ったら、これまた冷静に「最近いつもつけてる。ツルツルになるよ」とのこと。

やだ~、何それ~、もうとっくに何日もつけてたってこと?

花を捨てる前に、全部の柱頭から採集して顔にパックしちゃお。

ほうれい線が消えちゃったりして~。ふふ~。

それにしても、あまりにも久しぶりの理科で、どっちが「めしべ」でどっちが「おしべ」なのかさえ忘れていました!

翌日:顔にいっぱいつけようと思って見たら、あまり液体が出ていなく、「ああ、もう枯れるからやっぱり出ないんだね」と言ったら、娘が「出てたよ。私が全部使ったから無いの」…って。何それ~、もう~。

スポンサーリンク