■日常五心★企業の新入社員教育研修 #124

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今日、「日常五心」という言葉について読んで、「え?これって私の若かりし頃の新入社員の教育研修で毎朝読まされたやつ…。そうだったんだね…」と、なんと今頃になって気付きました。

日常五心とは:

「ありがとう」という感謝の心

「すみません」という反省の心

「はい」という素直な心

「おかげさまです」という謙虚な心

「やらせていただきます」という奉仕の心

という(微妙に言葉が違いますが)日常的に使うごく普通の「五心」です。

人生で初の新人教育研修は、1週間、島(南のリゾートじゃありませんよ!)の山にこもっての合宿で、今思えば、お坊様の修行的なものだったような気もします。寺の柱を米ぬかで拭いたりもしていましたが、皆んな一緒だったので、わいわい楽しんでやりました。

朝は海辺を走らされ、掃除をさせられ、昼は何したっけな~。

トレパンでしたね~。

この日常五心は、人生初の教育だったせいか、また、1週間ずーと毎朝唱えたせいか(そういう意味では短いですね!)、何十年経った今でも思い出します。

他の職場へ行っても思い出すので、本当に、あの研修をしてくださった企業様には、感謝しております。何十年経った今でも、忠誠心を感じます。

企業の方、新入社員の方達には、是非、無駄金を使って、研修をしてあげて下さい。人間を育ててあげて下さい。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク