■日本から買って来たい物 #23

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

アメリカでも、LAとかNYとか、大都市に行ったら、日本の物とか欲しい物は何でも買えるでしょう。でも、田舎じゃそうもいきません。

それでも最近は、味噌やお米、乾物やお菓子など、大概の「基本的な」物は手に入るし、あまり昔のように日本食が恋しくて…という感覚なく暮らせるようになりました。

留学生として滞在していた何年も前は、今なら普通に近くのお店で買える「みかん」や「しめじ」なども全く見かけませんでした。

当時日本食のお店で見かけた電気炊飯器は、東芝が初期に開発した元祖の炊飯器みたいの…。それはそれで可愛いと思えばもしかしたら可愛いのかも…。

この度、日本に割と久しぶりに行ったので(娘は年に1~2回行くのに、親は2年に一回。悲しい!)、こちらのグロセリー・ストアで売っていない、ずっと欲しかった物を大量に買ってきました。

それは、日本の小さいヘッドの歯ブラシです。

アメリカの歯ブラシは下の写真でもおわかりの通り、巨大なのです。

お店で小さいヘッドのはなかなか探せなくて、それではネットではと思ってもそれもなかなか探せませんでした。

上の歯ブラシがアメリカので、普通のお店ではこういうのが並んでいます。下が日本から買ってきたクリニカの歯ブラシ、日本ではコンビニでもこの手のサイズが普通に売られています。アメリカのは、日本の歯ブラシの1.5倍強の長さと幅。

しかも、真ん中辺に立っている水色の、見えるでしょうか?左右両方に2本立ってるわけなのですが、これはただのプラスチックみたいなのでブラシでもなく、何の目的ために存在するのか皆目わかりません。

半年に一回の歯のチェックアップ/クリーニングに行くと、帰りに小さな袋(グッディ・バッグ)をくれます。中には、このでっかい歯ブラシ(歯医者さんの名前入り)と小さいサイズのデンタルフロス(お出かけに便利なサイズ)と小さいサイズの歯磨き粉が入っています。

だからと言って、これが私の日系2世の歯医者さんの推奨歯ブラシってわけでは決してない筈なのですが…。

私は物欲があまり無いので、とかく欲しい物は実用品、つまり必要な物、になってしまいますが、娘は違います(私と同じだったらそれはそれで心配しますね!)。

娘は電動歯ブラシ派なので、歯ブラシ等はどうでもよく、彼女の欲しい物はいつも「ペンとノート」とか、とにもかくにも文房具。文房具売り場に行ったらもう当分出てこれません。

アメリカにも文房具はありますが、娘は、日本の文房具は世界一だと信じています。私もそう思います。

そして、私達母娘が共通で買ってきたい物は、和菓子。

羊羹や甘納豆はなかなか手に入らないので、いつも絶対に何かしらの和菓子を買ってきます。それに加えて地元の名産品とか。

以前は買ってきてたけど、最近は買って来ない物は、本。

最近は、日本のアマゾンから普通の感覚で(アメリカのアマゾンで買うのと同じ感じで)本が買えます。しかもこの間なんて3日くらいで着いたりして、びっくりします。昔は一か月半くらいは普通に待っていたような…。

スポンサーリンク