アメリカで視聴する日本のテレビチャンネル「テレビジャパン」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

■気に入ってる点

■その他の点

うちには、つい最近まで、数年間くらいテレビがありませんでした。

理由は、娘が小学校の高学年くらいからテレビ離れだった時期があった、ということと、私も学生だったのでテレビを見ている時間そのものが無かった、ということです。加えて、それ程見たい番組も特別無かった、という感じです。

過去にテレビジャパンを入れていた時期もありました。

解約後、テレビジャパンさんが継続してずっとプログラムの小冊子を郵送して下さっていて、それはそれで楽しん拝見していました。

インターネットが益々普及して、昨今では、視聴者の皆さんはスケジュールのチェックは主にネット上で検索されてることと思います。そういう背景からか、プログラムの小冊子の郵送は、今では、希望者にのみ送られるものと認識しています。

昨年夏に、日本から戻った娘が日本のテレビを見たいというので、しばらくぶりにまた入れた次第です。

月々のチャンネル契約料金は、 地域によって違って、私の住む地域は、以前は25ドル(この一つのチャンネルだけで)でした。

昨年夏の契約時には、初年度は月々15ドルというディスカウントがあるということで嬉しかったです。きっと視聴者の人数の増加(←増えてるかどうかは私にはわかりません)に反映されているのかな?とも思います。

■気に入ってる点

チャンネルを選ぶ必要が無い。

テレビをつけて、これは見ない、と思ったら消せる。チャンネル一つしかないから! 半ば強制的にNHKを見せられるので(NHKだけでなく民放も混じっています)、ためになる番組を発見したりします。

特に歴史系。 他のチャンネルがあったら、他に行ってしまいそうだけど、チャンネル一つなので、それをとりあえず見ます。するとですね、見てると「これって何気に素晴らしいんじゃない?」と感心する内容が多いことに気付いたりします。

例えば、一見退屈そうな歴史を語る人々も、他の分野と同じように、年齢に関係なくGeekでFanaticな感じで、面白いです。

「再放送ばっかりでしょう?」と聞く人も中にはいます。でも、私はよくドラマを見逃すので、再放送はむしろ有難いです。なので、再放送のウェルカム度は、人それぞれだと思います。

その他の点(気に入ってないというわけではなく)

スケジュールは主に東海岸の人々の生活時間帯に合わせてある、と思っています。

日本のCMが見られるわけではない

これを最初に娘が知った時、非常にがっかりされました。私的には、え?知らなったの?当たり前じゃないですか、という感じ…。

テレビジャパンのCMは恐ろしくお金がかかってないレベルのCMなので、まあ、基本的につまらないです。

でも… 考えてみたら、日本でも地方局のCMはこんな感じだったかな~。

いずれにせよ、CM等は、強いて言えばくらいのレベルです。

テレビジャパン1チャンネルを入れたいがために、全体的なケーブルの契約を基礎的に入れないといけない。

148チャンネル、あって(これでもMAXじゃないです。もっとあります)、すごいよね~、アメリカってそんなにチャンネルあって、と思う人もいるかもしれませんが、見たいチャンネルはほぼ皆無なので148 does not mean anythingという感じかな~。

私と娘にとっては、です。 時々、ここいい時!っていう時に「海外で視聴できません」と出て、視聴不可になる

スケジュール変更がよく起こる。

でも、別に「ああ、そうなんだ~」くらいの反応です。

テレビジャパンの視聴は、個人的にはお勧めです。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク