■マーフィの法則★ポジティブなサイン #76

スポンサーリンク

朝、2,3分遅く家を出ただけで、その後、どんどんしわ寄せ的に遅くなる「気が」します。

「もう~、こんな時に限って」スクールバスはSTOPサインを出すし(両方向の車が停止しないといけません)、超遅い大型トラックが前を走っていたりするし、信号は赤だし、朝のアダージョ、マーフィの法則のオンパレードです。

でも、マーフィの法則は、「こんな時に限って」という訳では必ずしもなくて、もっとジンクス的なものです。

英語では、「If something can go wrong, it will.」で、意味は、悪い方向に行ける時は行く、みたいな感じです。

どちらかと言うと、「〇〇すると、いっつも〇〇になるよね」という感じ。

まあ、朝の通勤においては、どっちも正解みたいなもんです。

「朝、3分遅いと、いっつもスクールバスの後ろになるよね」的な。

でも、これって、私にとってはマーフィの法則でも、その時間にバスは毎朝のように普通に正確に走っているだけなわけで、マーフィの法則でも精神的なものでも全くないのですが…。

マーフィの法則だろうが何だろうが、急いでいる時に、自分の前にスクールバスやトラクターが来たら、「ああ、急ぐなって言われているんだね」と思うようにすると、落ち着きますヨ。

そこで急ごうと急ぐまいと到着の時間はほぼ同じ。貴方が5分仕事に遅れても、事故に遭うより十億倍いいでしょう。

江原さん曰く、「神様が貴方のために(事故などに巻き込まれないように)時間調整をしてくれている」ということだそう。

貴方を守ってくれているサインなのです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク