■コロナ禍(か)#155

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Corona-ka

視覚情報からのニュースだと、「コロナ禍」という単語をよく目にします。

COVID-19以前は、ニュースでもそれ程目にしなかったような単語です。災い、災難という意味です。

猛威を振るうコロナの渦(うず)?とハリケーンを想像しちゃったり、「コロナの鍋って一体どんな鍋よ?」と内心思っちゃったり…。

コロナ禍(か)なんですね。

「禍」って他にも使えるの?と思いますよね。

他にはこんな感じ(下記)で使えるかと思います。

舌禍を招く。口は災いの元、という感じです。言った内容が超失敗だった、とかの時。

筆禍を招く。書いた記事の内容がSNSで拡散されて大変な事態に発展してしまった、とかいう状況。

または、「この墓石が禍根だよね」とか。災いの元、という意味に使われます。

「禍」という漢字。何気に割と使えそうじゃないですか?

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク