■外国で小銭を稼ぐ★カタカナを書こう #78

スポンサーリンク

先日、ジャネットという名前の同僚にカードをあげるのに、Jannetteなのか、Janetなのか、スペルがわからなかったので(後で聞いたら彼女の名前は後者でした)、「いいや、カタカナで書いちゃえ」と思って、カタカナで書いて、そのカード(封筒)をあげました。

そしたら、「これ、何て書いてるの?」と聞いてきたので、「貴方の名前。スペルわからなかったから日本語で書いた」と言ったら、「えええええ~っ!」と驚かれ、その辺が、一瞬アリの巣をつついたような騒ぎになりました。

「私にも書いて~」という感じの…。

その後、クリニックに行った際、新しく入った人がいて、自己紹介をされたので、日本語でメモ(名前を忘れないように)を取っていたら、「何書いてるの?」と聞かれ、「あ、これ?あなたの名前。日本語で書いてた」と言ったら、またまた、「えええええ~っ」という感じになりました。

そして、その辺の人達が、紙を持ってきて、「うちの家族の名前、全員書いて」とか…。笑

でも、カタカナと言っても、一瞬迷う時もあります。

例えば、Connieという名前。日本語で書くと「コニー」なんですが、「私の名前は〇〇よ」と口で言われると、耳で聞いたら「カーニー」に近い感じに聞こえます。

これをどう書くかで…。「コニー」とカタカナで書いて、そのまま日本語読みしたら、「え?」となるし、「カーニー」と書いて、その人が知り合いの日本人とかに見せたら、そこでも「え?」となるかもしれません。

「Anthony」だって、アンソニーと書いていいものかどうか…。

ちょっと難しいところですが、ラテンの方達はノリがいいので、あまり深く気にする必要もないですけどね…。

私はよく、日本語には、THサウンド無いから、発音も難しいし、聞くのも難しい、とか、RもLも同じなんで~、とか言いますが(言い訳も含め)、その度に、「ええええ~っ⁈」とか驚かれます。

私は、人の名前を覚えるのが、本当に苦手なのですが、この騒ぎで、「これ私の名前。日本語(カタカナ)で書いて」と紙に名前を書いて持ってきてくれた人が何人かいて、内心「あ、この人ってこういう名前だったんだ」と、大変助かりました。

カタカナが書けたら、イベントのブースを出しても、きっと盛況になることでしょう。

最悪、今日の食べ物にも困るくらいに外国でお金に困ったら(こういう状況設定じゃなくてもいいですけどね!)、カタカナ書くのはどうですか?やり方次第では、普通に稼げるかもしれません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク