■メキシカン・タマレ #169

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今日はまたいつものように同僚から食べ物を頂戴しまして、朝からボリュームたっぷりのタマレを食べました。

cheese tamale

頂いたのはチーズの味のでした。

メキシコ人は、クリスマスとか、サンクスギビングデーとかの特別な日にタマレを作ります。どちらかと言うと、クリスマスでしょうかね。

以前、同業者に「クリスマスはどうだった?」と聞いたら「のんびりしたクリスマスで良かったよ。今年は朝からワイフと一緒に朝からタマレを作ったよ」と言っていたので、そんなイメージです。

tamale with corn husk

トウモロコシの殻(葉っぱ)で包まれています。

スクラッチから作るので(最初の段階から手作り)、何時間もかかります。4時間くらいかかるらしいです。

そういうわけで、美味しいタマレの店があったら、自宅で作らず買ってきちゃう人も多いようです。

ちなみに、トレーダージョーズという店に、冷凍の…(あれ?冷凍かな?冷蔵だったかな?)パッケージに6個くらい入ったタマレが売っています。丁度その日、そのタマレがサンプル(試食)で出ていたんですが、メキシコ人がお店の人に「私はネイティブのメキシコ人だけど、このタマレは美味しい。もう自分で作るのをやめてこれを買いに来ることにする」と言っていたのが聞こえました。

ふーん、そうなんだ~、これはメキシコ人も認めた味なのか、と思いました。6個入って1パックで6ドルちょっとくらいだった気がします。1個1ドルちょっとくらい。

そちらのタマレは、一個のボリューム的には、この写真のタマレの3分の1くらいです。

となると、あれを朝から3個くらい食べた感じ!

チーズ、ハラペニョ、人参が入ってました。

というわけで、これも、お店からのタマレです。

うわー、朝からすっごい食べてる、と思っていたら、「これはデザート」とデーツも頂きました。

dates

デーツ。甘くて美味しいです。

このタマレは、アリゾナ州にある店からのもので、同僚が「アリゾナと言ったらデーツよ」と教えてくれました。

デーツのミルクシェークがとても美味しいとのこと。うわ~、それは飲んでみたい!

というわけで、朝から満腹すぎて、とてもランチは食べられなかったので、今日はランチ抜きでした。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク