■仕事を引き受けちゃう人 #119

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

私とオフィスをシェアしている同僚は、私と全く違う職種なので、お互いの仕事に関与しませんが、部屋で、ずーっと引き受けた仕事の愚痴を言っています。

彼女は、年配の方ですが、よく動くし、若い子よりあれこれ気付くので、結果、あれこれやります。

人に頼むより自分で動いた方が早い、と思うタイプの人です。

なので、看護師がやるべき仕事や、MDS(記録系)がやるべき仕事や、看護助手がやるべき仕事など、チャチャっとやってしまったりします(薬をあげたりはしませんよ、勿論)。

そして、チャカチャカ動いたり、人に意見したりする分、マネージャーに仕事を新たに頼まれたりすることもあって、仕事量は更に増えます。

きっと、人より出来る自分や、人よりこなせる自分が好きで気持ちいいのだと思います。でも、それと同時に「何で私がこんなこともあんなこともするのかしら!」という愚痴も多い毎日です。

そして、ちょっと笑っちゃうんだけど、この度のサンクスギビングデーの日には、スタッフの為のターキーを焼いて欲しい、ということまで頼まれたらしいです。とうとう、そんなことまで!

スタッフが食べるの? ターキーを? それを貴方が焼くの? 何で⁈ 笑

スタッフは家でも食べるだろうし、病院からも特別ランチが出るし、何でフロアで貴方がターキーを用意するの⁈

っていうか、頼まれすぎでしょう! 引き受けすぎですよ!

引き受けたのなら、愚痴ってもしょうがないです。

それにしても… 人のお願いというものは、どんどんエスカレートしていくものなのだとびっくりしました。

全く頼まれないのも寂しいけど、頼まれるのもほどほどに…。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク