■精神科医は薬を処方するだけの人か。#102

スポンサーリンク

そんなことは絶対に無い。

医師の仕事は、薬を処方するだけではない。絶対に。

確かに、薬を処方するのは医師の特権ではあるけど、それだけではないでしょう。

今日は、娘と、最近新設された、近隣病院の外来の精神科医を訪れました。小児の精神科医のに診てもらうには、まず、SW(ソーシャルワーカー)にアセスメントしてもらう必要がある、と言われ、今日がそのアセスメントの日でした。

その門をくぐらないと、医師に診てもらえないのなら、それはそれでしょうがないです。

というわけで、事前に分厚いパケット(A4サイズの封筒に入った紙が何枚も)が送られてきて、それを持参で行きました。

アセスメントと言っても、面談みたいな感じ。何か質問はありますか?と聞かれたので、その後のアレンジメントはどんな感じになるのかを訪ねたところ、そのアセスメントをしたSWとのスケジュール調整を… と言われ、え? え? え? 娘には既にセラピスト(SW)がいて、今日は、医師に診てもらう前のアセスメントということで来てるんですが?と言うと、これはセラピー用のアセスメントです、とのこと。

セラピーが要らないなら、何故ここへ?と。。。。。

だから、先ほども言いました通り、ドクターに診てもらうための… と説明をしたら、ドクターは見ますよ、薬の処方をしますから、とのこと。

薬を希望しているんですよね?と聞かれ、そこで「まだわからない。それをドクターに聞きたい」と答えれば良かったものの、そうとは言わずに(失敗)、「薬を希望しているわけでは必ずしもなくて…」と言ってしまったので、SWに「薬を希望していなかったら何故ドクターの時間を取るの?」と。

え?

そこでちゃんとはっきり、「じゃあ、貴方は、ドクターは、薬を処方するためだけに存在すると、そう言っているの?」と聞いたら「Yes」と。。。。。!

そう言い切りますか!

決してそうではない筈なんですが、これは、ある意味、SW達が精神科のドクターに対して、そういう風に見ている、ということです。

薬が必要なら医師に回して、それ以外は私達(SW) が出来るんで、と、そういうスタンスですよね?

絶対に違うと思う。(そういうドクターも中にはいらっしゃるでしょうが…)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク